リンパドレナージュの方法

リンパドレナージュの手技

リンパの流れをよくするリンパドレナージュにはいくつかの基本的なテクニックがあります。

 

まず、リンパドレナージュの前に行なう手技にエルフラージュというものがあります。

 

これは手の平や指先を使って皮膚を軽く擦るもので、正しく行えばエルフラージュだけでも身体によい効果が表れるでしょう。

 

リンパドレナージュで腕や足に使う手技に、パンプテクニックがあります。

 

パンプテクニックは大きな関節、太い筋肉など、強くリンパ液を送り出したいところに使います。

 

結合組織の動きを改善するために行うリンパドレナージュの手技には、ロータリーテクニックというものがあるのです。

 

これは、手の平で広範囲の皮膚に対してひねるように行うテクニックです。

 

また、太腿やお腹などの広い場所に対して使われる手技にはステーショナリーサークルというものもあり、手の平や指先を使ってクルクルと円を描くように動かし行うといった方法です。

 

さらに、身体の深い部分にあるリンパに働きかけるリンパドレナージュの手技には、プレッシャーテクニックというものがあり、手の平を広く使って圧力をかけるようにして行うテクニックなのです。

 

その他には、アゴの裏に使用するスパイラルテクニック、鎖骨のくぼみの部分に使用するフォークテクニックというリンパドレナージュの手技があります。

 

上記のようなリンパドレナージュの手技を行うことで、むくみや冷えの改善、肌荒れの解消などに加えて有害毒素を排出するデトックス効果も期待できるでしょう。

リンパドレナージュの手技関連エントリー


リンパドレナージュの方法や効果などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 リンパドレナージュで美しく All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

リンパドレナージュの手技